●トップページ  ●コミュニケーション麻雀セットについて   ●各地の声  ●お問い合わせ

コミュニケーション麻雀協会について 会長挨拶









 こんにちは「コミュニケーション麻雀」協会です。
「コミュニケーション麻雀」は 飲まない・吸わない・賭けないをモットーに、今、全国各地の高齢者が多く集まるサロンに広がりつつある、ゲーム感覚の新しい「麻雀」です。
 これから迎える超高齢化社会、しかしどこの地域からも「高齢者サロンにシニア男性の参加が少ない。何かいい手立てはないだろうか・・・」と言う声が、多く寄せられました。そこで、シニア男性が慣れ親しんだ「麻雀」なら、興味を持ってくれるのでは? と言うことで取り入れることにしました。それも従来のギャンブル性を排除するため、牌を積み木サイズの大型にし、二人一組で相談しながら、1m80cm四方の卓を囲み、ゲーム感覚で愉しむという方法を考案しました。こうして男性ばかりではなく女性や子どもも気軽に楽しんでもらえ、参加者の「コミュニケーション」が図れるようになったのです。
 同時に、大きな牌を動かすことで軽い運動にもなるので、多くの新聞やテレビで取り上げられて、今や全国22都府県に普及しています。
 発祥の地の兵庫県では、あの阪神・淡路大震災の仮設住宅で多くの孤独死やひきこもり現象がみられました。阪神・淡路大震災の悲劇を繰り返してはならないと、東北の被災地では仮設住宅の集会所にも取り入れられてもらっています。
 「心」と「身体」を動かし、笑顔が生まれる「コミュニケーション麻雀」。
 皆さんも一度経験してみませんか?


コミュニケーション麻雀協会
会長 高橋 守雄

 ●トップページ  ●コミュニケーション麻雀セットについて   ●各地の声  ●お問い合わせ



このサイトに掲載されているあらゆる画像・テキストに関する権利は
コミュニケーション麻雀協会 に帰属します。
許可無く転用することを禁止します。
Copyright (C) communication mazyankyokai.All Rights Reserved.